--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.19

厚生労働省への質問。

本日、厚労省の方に、遺伝子組み換えについての質問を出しました。

質問した内容は以下の通り。
・フランスでのネズミを使った実験で明らかになった、遺伝子組み換え食品と発がんの関連性についてどう考えているか。
・この実験結果は2年という長期間にわたって行われたものであり、信ぴょう性は高い。にもかかわらず、国や厚生労働省、主要メディアはこれを取り上げていないようだが、いったいどういうことか。
・日本でも遺伝子組み換え食品は流通しているのだから、この実験結果を周知させ、より厳格な試験や実験をしてもう一度安全性を確かめるべきではないか。それはもうされているのか、今後行う予定はあるのか。

さて、厚労省はどう返答をしてくるだろうか。
新たな試験をもせずに安全だと言いたてるのであれば、もはや信用ならない。
それとも。

返答があり次第、ここにのせようと思います。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
06.19

独占と壊滅。

種子をモンサント一社が支配し、
小売をウォルマート一社が支配すれば、
その中間である生産者、出荷団体、卸は全て買いたたかれる。

流通経路の入り口と出口を押さえられてしまったら、我々はどうしようもない。
生産者は種子を買わないことには生産ができない。
消費者は小売から買わないことには何も買えない。

国産の食は壊滅する。
国産の食は毒と化す。


種子の独占は、世界ですでに始まっている。
着実に、そして静かに、我々の食を占領しようとしているそれに、気づいているか。
小売の独占は、日本ですでに進んでいる。
着実に、目に見える形で、我々もそれに加担してはいないか。

遺伝子組み換えは毒だ。食べ物ではない。
これを許すようなことは一切あってはならない。

いくら見た目には安くたって、ウォルマート系列で買った分は、我々には還元されない。
さらに彼らは積極的に外国産を売りに出す。
彼らにとっては国産の保護なんてどうでもいいから。


地元産の高品質と安全性は、地元民が真っ先に享受すべきなのだ。
国産を買おう。国産を守ろう。


世界では急速に遺伝子組み換えが広がっている。
遺伝子組み換えを食べて育った牛や豚だって、その危険性は大きい。
なにせ、水銀のように蓄積されていくのだから。
しかし、畜産物が何を食べて育ったかなど、表示はされない。

外国産などいらない。
何が混ざっているか知れたものではない。
日本の大手メーカーも、信用ならない。
何が混ざっているか知れたものではない。

国産と書かれていなければ、国産ではないのが昨今。
不使用と明記されていなければ、遺伝子組み換えが混ざっているのが昨今。

「品名:食用なたね油、原材料:食用なたね油」ってどういうことよ。
HPを見れば、遺伝子組み換えは不分別ではないか。
なぜこれをラベルに記載しないのか。


国産を買おう、国産を守ろう。
そして、外国産であろうと国産であろうと、遺伝子組み換えを許してはならない。
それはまるで水銀のように、我々の体内に蓄積する。

Comment:0  Trackback:0
2013
06.17

GMOの毒性と11歳の発見。

バーク・ベア「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」 (TED)


TEDで見れるたった五分のプレゼンです。
日本語字幕もついてます。

解説も私の意見も必要ない。
ただ、見てほしい。


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
06.12

おさとうのはなし。

てっきり砂糖は純国産だと思っていた。
北海道で取れるテンサイか、九州沖縄で取れるサトウキビから作っているのだと思っていた。

でも違うんですね。
2010年で国内生産は10%ちょっとしかない。(帝国書院HPの統計地図参照)
8割以上は輸入だと知ってびっくりした。
(知らなかったのは私だけ?)

今使っている白糖の裏を見たら、
「原材料名:原料糖」って。
これで原材料表記をよしとする基準がわからない。
これもほぼ輸入品なのだ。

気づかないでいるのは恐ろしい。
他の必需品もどうなっていることか。
Comment:0  Trackback:0
2013
06.12

米は守ろう、麦はチェンジ。

遺伝子組み換え、いやだ。
ポストハーベスト、いやだ。

なら、国産を買おう。
国産を買って、国産を守ろう。


スーパーに売ってない?
有名企業のパックしたものしか売っていない。
国産と書かれていなければ、国産ではない。

でも今の時代は、スーパーに売っていなくても買えるよね。
小麦粉を国産にしよう。
北海道産の小麦粉、上質かつ安全。
個人用に1kgでも売っているし、5キロ以上のものもある。


若干お高め?
外国産が安すぎるのだ。
外国産は遺伝子組み換えをして、農薬を大量に使って、
なるべく人の手をかけずに環境を濫用して作っている。
環境コストをゼロ査定しているから、あんなに安いのだ。

それを買うことで加担していたら、強烈なしっぺ返しがくるぞ。
我々は単なる被害者ではない、実質的当事者なのだから。


国産と書かれていなければ、それはほぼ確実に外国産なのが昨今。
まして原料の表示をしていないもの、産地表記をしていないものには注意を払わねばなるまい。

麦チェン、麦チェン。

私も麦チェン。
薄力粉をDolceに、パンを焼くので強力粉は香麦にしました。
あなたも麦チェン。
小麦粉には種類がいっぱいある。
どの小麦粉にしますか?
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。