--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.11

ずっとひとりで

ずっとひとりで闘ってきた

つるまないのは、こわいから

人との付き合いなんて、はかなくて

遠く離れりゃ消え失せていく

新しい戦地で自分を守るために

ぼくは鉄壁の守りを敷いた

怯えるこころを本陣に通し

近づく者には城壁から矢を射かけた

時折騎馬の精鋭で突っ込んでいく

心底信用できる奴などいない

大将を晒すこともしない

嗚呼、本陣からの命令はいつも激しい

時折、夜半に咽ぶ声がかすむ以外は




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
02.04

keep the faith

俺はなにもしていないわけじゃない

結果が出るまで続けていないだけなんだ

有り金全部賭ける必要はないけど

志は錆びれちまうぜい

荒い曲を聞くのが好き

KATTUNがまだ6人だった頃の曲

Keep the faith

あれくらいやんちゃなグループが好きだ。

カネ?権力?知ったこっちゃないねえ

俺は俺が思うようにやるのさ


ズルいやつとセコいやつはヘドが出るのだ

中途半端に賢いやつはうまく立ち回ろうとする

中途半端なバカも後先を考えずに行動する



なあ、兄弟

やりきろうぜ

俺のやんちゃが暴れ足りねえって

お前まだ足を止めるほど歩いちゃいないんだって


Comment:0  Trackback:0
2016
02.02

よくある自己分析ほど上っ面のもんじゃないけれど

大学の頃なんかは、

HIGH AND ROW の激しさに

なにか患っているんじゃないかと思いもしたけれど

実際周期があるんじゃないか

内覧期と、外観期。

変動のきっかけは、まだ定かではないけれど

自分の感情、気持ちを揺さぶり

過去の情動に思いを向ける前者と、

ただただあるべき自分を描いて

将来へ前進を試みる後者。

跳ね飛ぶ縄のような生のその先に

移ろいの極端さからこそ臨むものがある、はず。
Comment:0  Trackback:0
2015
07.11

不想長大

私は異端児です

私は障害者です

何言ってるんです 五体満足じゃないですか

頭もはっきりしている

いいえ私はコトバが不自由なのです

普通の人がもつ言葉の半分しか持っておりません

唯一持つ残りのコトバには嫌気がさしておりまする

安定剤がよいですか

いいえ要りません

睡眠導入剤がよいですか

それも要りません

私はもう一つのコトバが欲しい

今ある言葉は狂人のコトバです。

つんつるてんの

世の中をすべっていくためのコトバ

私は歩きたいのです

歩いているじゃあないですか

打ち震えたときには泣きたいのです

苦しいときにはわめきたいのです

悩みは打ち明けて聞いてほしいのです

なめらかなコトバではなく

何度もリハーサルしたコトバではなく

ただ 今 あぶりだされてくる言葉を

口にしては どもり よどみ

自ら修正し 取り消し 再び探り 口を開く

そんなザマを じいっと見ていてほしいのです

急かさず 焦らさず じいっと

そんな配慮が必要な私は

そんなリハビリが必要な私は

やはり障害者なのです


だれも なにも してくれないから
自分で動くしか ないのだから
障害者には 厳しい現実

Comment:0  Trackback:0
2015
07.02

lonely wolf は泣いています

lonely wolf は泣いています
幼き頃に得たおもちゃのぬいぐるみを抱えて泣いています
見ているものは雲にかすんだ半月だけ
吠えもしません。
威嚇はできます。
うなることは得意です。
でもかなたに響かせたことは一度もない
知らないのです
威嚇とハント以外に声を使ったことのないものだから
やわらかな声も憂いの声も
ぼくは持っていない
なぜって
それはなにもくれないから
威嚇すれば敵はビビるし
ハントすれば今日の食事が手に入る
それ以外に何が要る?
それ以外に何がある?
オレガ暮らしていくのにはそれで十分なのさ
そうしてまた
我が相棒のぼろぼろな姿を抱き
もうあいつとも長いつき合いだ
彼だけが知っている
おいらの憂いも涙も
その身に染みて 知っている
やつはいなくならないし悪口なんかも絶対言わない
但自分からは何も動いてくれないだけだ
やつを抱いて
おれは今日も寝床を温めるのさ
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。