--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.27

日本が「みがわり」になる日。

Category: 平和と戦争。
http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2013/03/0318.html

「同盟国を前面に立たせて、みずからは後方支援に回る。」
これが、イラク戦争を経験したアメリカのこれからの戦略。

集団的自衛権の行使を容認すれば、
アメリカの代わりに戦争の最前線に出ていかなきゃならなくなる。
なんてったって、日本はアメリカの「同盟国」なんだから。

その結果、アメリカが被るはずの損害を日本が受けることになる。
出兵者の死傷(米兵のうち4400人以上が死亡、重傷者は32000人)
帰還兵の社会不適合(ホームレスの7人に一人が帰還兵)
莫大な戦費(イラク戦争とアフガニスタンでの軍事作戦ではアメリカは380兆円を使用)
兵士と遺族への恩給など、今後の出費(アメリカ、推定200兆円)

もし、9.11が起こった時、日本がすでに集団的自衛権を容認していたら、
アメリカと共にイラク戦争に向かわざるを得なかったに違いない。

こんなものが、こんな損害が、許されていいのか。
法治国であるはずの日本で、たかが今の政府、というだけの存在が。

どうしてもやりたいというのなら、憲法に聞いてみろ。
政府の憲法解釈にではない、憲法本文に聞いてみろ。
これが、法治国の民主主義、だろう。


日本の身代わりを、アメリカが歓迎するのは当然の話。
自分が追うはずの損害を、肩代わりしてくれるっていうんだから。
でも、それは、日本にとって、悪いものでしかない。

断言できる。
集団的自衛権の行使容認は、法治国家としてもアウトだし、
あらゆる意味で日本のためにもならない。
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。