--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.30

二カ月が過ぎて。

Category: 未分類
同僚の顔と名前を憶えてきた。

同じ島にいる人は性格も何となくつかめてきた。

これまでかかわった人は、みんな優しく接してくれている。

社長とはよく話すし、彼が知識の豊富なデキる人だとわかった。

小さな会社だから。


でも、だからこそ、この会社は続けたい。

このメンバーが好きだから、

他の畑からの参入だから、

なにより、期待されているって感じるから。


この10年間が勝負。

10年後には、今の社長・部長クラスは引退の年。

そのとき、彼らの担っていた役割を、果たせるであろう人材が見つからない。

であれば、私がその一人にならねばならない。


下請けのままでは、10年後には生きていられない。

新たな方向性を作り出すのは、違う畑からきた、異質な新人だ。

10年のうちに、トップが引退する前に、下請けのみから脱出し、

利益率をもっと上げて、かなうならもっと成長していたい。


だって、このメンバーで働きたいんだもん。

生活は苦しいよりも、楽なほうがいいもん。

ね。
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。