--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.26

Category: 未分類
いたづらに寝転ぶ父の閉じし間は
幾年前の我がつくりし
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
01.15

自分の身は自分で守る。

Category: 未分類
自分のいる場所には満足しないのだ。

いつだってそうだった。

ここにはない未来をいつも、思い描いて、

それに向かって進んでいくのだ。

誰も止められない。

誰に言われたって止まらない。

力づくで止められれば、力づくで乗り越えていく。

方向転換を決めるのは、自分自身しかいない。

でも、他人の意見を聞かないわけじゃない。

頭の中の、参考ボックスには入る。あくまで一意見として。

私が大事にするのは、自分の感覚と、

自分の感覚が、この人こそ、と思える人の言葉。

今まで、そうやってやってきたじゃないか。

これからだって、きっとそうだ。

なら、命尽きるまで、とことん。

人生は、何事も為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すにはあまりに短い。

なら、躊躇する理由はあるまい。

必要なこと、どんどん見つけて、どんどんやるべし。

へへ、ちがうな。

足を止めるな。

もう進んでいるんだから。

何をやっているのかというと、回帰と進出。

本は明治大正時代の作家を。

一方で外国人のペンパルと会話。

もうひとつ、日本の楽器をはじめた。

さあ、今すべきことはなんだ。

次にすべきことはなんだ。


ユダヤ人は、なにがあっても持って歩けるものを重視したという。

戦乱があっても、災害があっても、身一つで持って歩けるもの。

学智。 人格。

あとはユーモアと機転と武術があれば最高かな。

うーん。

後半3つはなかなか難しいなあ。

でも、身体運用くらいはできるようになりたい。

体が動かないんじゃ、困るし。
Comment:0  Trackback:0
2015
01.12

Category: 未分類
仕事を選ぶときは、好きなものを選ぶのではなく、

したくないことを具体的にあげていったら、

残ったことが自分のすべきことだというけれど。


なりたい自分を選ぶときも、好きなものをあげるのではなく、

嫌いな人を具体的にあげていったら、

残ったものが自分のなるべき像なのだろうか。


勝手に決める。
自分の言うことが絶対だと思っている。
ぐちぐちいつまでも問題にする。
周囲への無関心
端末もちながら歩いている
犬の安全を考えない飼い主

まだまだでそうだ。

上げていったら、何か残るのだろうか。

Comment:0  Trackback:0
2015
01.12

Category: 未分類
お金が役に立たなくなった時、何が身を生かすのか。

日本が主権を持っていたころ、日本人は何を思っていたのか。


仕事、別につまらないわけじゃないけれど、

別に忙しすぎるわけじゃないけれど、

ここにずっといる、という気はしない。

きっと、遠からず、どこか別な場所へ行く。

なぜかって、それは、そうさ。

集団とは違う方へ違う方へ行きたがるのが私の性だから。

もっとゆったりと暮らしたい。

もっとぼんやり暮らしたい。

そのために何が必要か。

少しずつ、身に着けていこうじゃないか。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。