--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
09.30

あり得たかもしれない現実

Category: 未分類
一人、会社を辞めた。

親の介護のためだそうな。

ここしばらく、仕事が終われば高速をぶっとばして実家へ帰り、

明け方再び高速をとばし仕事へ向かう、

これを毎日。

社長も苦しいのを理解して、

有給で休ませて、有給なくなったら休職扱いにしよう、と言っていたけど、

復帰、できないよね。

「ケアハラ」とか言う前に、いくら上司に理解があっても、

育児休暇とかとは違って、いつ終わるとも知れない。

まして田舎へ通わなくてはならぬとなると、更に厳しい。

親に介護が不要になるまで、復帰の目処など立たない。

そうなると、いくら休職したって、ね。

退職を選んでしまうのも、無理はない。

なんとか、そうなる前になんとかならなかったのだろうか。

うちの会社は多くの人が地方から出てきて働いている。

親になにかがあったら、これまで通り仕事をするなど難しい。

でも、仕事を辞めて生計が成り立つか?

一瞬にして、生活が、崩れ去る

なんとかならなかったのだろうか。

会社には週1だけ来るようにして、後は自宅勤務、とか

これだけネットワークが発達しているのに、物理的な問題は何も解決されていない。

スマートにマシンの前でカタカタやっていても、

裏に回るとケーブルとコードが絡み合ってぐちゃぐちゃ、

というような、ため息混じりの感覚。

なんとかしなければいけないのではないか。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
09.29

スクリインは語る

Category: 未分類
ばちばち弾ける音に気をとられ

耳の穴からイヤホンをはずす

垂れ下がるカアテンの裏へ潜り込み

目に映るはガラスに撃ちつく雨の粒

強弱硬軟取り混ぜて

その音で語りけるは

スクリインの中から今は亡き俳優が語りけると違はず

大人になれ

成熟せよ

撃ちつける雨も

義理を果たす彼も

吾にアイコンタクトをし

「成熟せよ」と語る

成熟とはなんであるか

問いかけても彼らは

吾を見て微かに微笑むのみ

おお

成熟とはなんであるか

大人とはなんであるか

問いを投げかけたときには

雨粒はやんでおりました

いいえまた声をあげはじめました


Comment:0  Trackback:0
2015
09.28

義理と人情を秤にかけりゃ

Category: 未分類




むなしいわけではなく。


昭和残侠伝 「人斬り唐獅子」と「唐獅子牡丹」を立て続けに見る。

これほど、物語の筋が同じだとは思わなかった。

もちろん、違うんだけど、でも、同じ。

逆かな、同じなんだけど違う。

いや、やっぱり同じ。



花田秀次郎には、そして周囲の(悪役でない)ヤクザには、

「あっしはこれがしたい」とか「自分はこれを欲する」とか

そういうのが一切なかった。

親分は何を思っているか。何が組の存続に繋がるか。

男たるものどうあるべきか。


そんな姿を3時間ばかり見て、なにとはなく

そこに「虚」を感じたのです。

花田秀次郎の中に「虚」を見たのです。

現代で言うなら「私」とか「自我」とかが居座るその場所に

彼のその場所には虚があったのです。(虚だから「ある」のはおかしいのだけど)

そしてひどく魅きつけられたのです


Comment:0  Trackback:0
2015
09.27

Category: 未分類
水がじゃぽじゃぽ言うのが聞こえる

また雨が降ったのかしら

氷柱のようにするどい雨

暗がりの中 手さぐりで窓へ向かひ

レエスカアテンをさつとめくる

いいえ そうではなさそうです

手を離し カアテンを閉め

垂れ下がる紐をさがす

また夜がやって来ました

あなたのいない夜

今日もまた 風の音を聴くのです

ヘッドホンで耳を塞ぐのです

あなたの不在に堪へ切れなくて

孤独の叫ぶのに堪へ切れなくて

Comment:0  Trackback:0
2015
09.26

Given and Gain

Category: 未分類
天才というのは

努力する習慣を元々備えている人のことだ

秀才というのは

努力する習慣を努力して身につけた人だ

誰しもが秀才にはなれる

努力するということに価値を見いだす人ならば

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
09.25

何度言ったって、安保法制には反対なのだ。

Category: 未分類

「憲法を解釈する権利」は(そんなものがあるとすれば)、本来政府には存在しない。

理由は二つ。

ひとつ。

公務員には、憲法順守義務がある。
憲法第99条
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」
首相や国務大臣の方々は、この条文により、この憲法を尊重し擁護する義務がある。
時々の政府が自らの都合で条文の意味を変えることは、この条文に違反している。

ふたつ。
日本国憲法は、日本の為政者=政府を縛るために存在する。
立憲主義をとる日本では、憲法によって、時に暴走しがちな権力を抑制し、
また三権分立によって、国会、裁判所と相互に制御する、という方式を採用している。
なぜそうするか。権力は容易に国民の権利を侵害するからだ。
政府を縛るために存在している憲法を、政府自ら任意に解釈可能だとするならば、それはもう立憲主義ではない。
政府の独裁だ。

安保法制に賛成だという方々は、よく他国から攻められたらどうする、というが、
攻めこまれたときに備えて鍛えておく、よりも、そもそも攻めこまれないように外交する、ほうが安全だ。
それは例えば防犯と同じ。
暗がりで襲われたときのためにスタンガンを用意し練習しておく、よりも、
怪しげな暗がりには近づかない、のほうがよっぽど効果があるし、費用もかからない。

日本人が戦争へ行って死ぬよりも、他国からミサイルが飛んできて日本人が死ぬ方がリアリティがあるという方は、その理由を教えていただきたい。

ま、そりゃあ今の政治家みたいに相手を挑発するようなことばかりしていたら、ミサイルお見舞いされる日も遠くないとは思うが、そんなことになって困るのは他でもない自分達だから、放っておくわけにもいかんのよ。

こんな駄文で納得がいかなけりゃ、内田樹の文章でも読むといいね。
拙文なんかより、何百倍も筋が通って、かつ分かりやすく、書いているから。

車輪のない救急車

Comment:0  Trackback:0
2015
09.25

Essential Care and unnecessary one

Category: 未分類
嵐の前の静けさ?

会社では何事もなかったかのように静かでした。

自転車には引かれそうになりました。

今日の帰りだけで二回も。

杞憂は心を騒がせるから避けたいけれど

必要な心配りはやっぱりあるもので

そう考えると

必要なことってなんだろなって

でも、変に賢ぶって「将来のために…」とかするよりも、

自分をじいっと見つめて、

何を欲しているのか、どんなシグナルを出しているのか、

そのシグナルの示すままに動いた方が、

よかったりするんです

なんでかはわからないけど


Comment:0  Trackback:0
2015
09.24

今日もまた、another一日が終わる

Category: 未分類
出会いを欲している

人とのふれあいを

顔を見合わせ

微笑み合う

人との語らいを

欲している

欲しているなら

うん、

Move from Want to Be


Comment:0  Trackback:0
2015
09.24

月末はプロジェクトの終了時期。

Category: 未分類
仕事では今やっているプロジェクトが終盤にかかる。

長期連休明けで休みたい帰りたい思っていても、

会社は私をドキドキさせる。

休めさせる気はないんだろうな。

これを、将来を嘱望されているから、と思い込む。

思い込まんとやっていけんわい


いつも、連休中の暇なときになにかをはじめて、

連休明け何だかめんどくさくなってやめてしまう。

そんな悪い癖を繰り返すまいと、

今回は秋期講習に申し込んだ。

連休中は軽くいなす程度でね。

これで週一、無理せず土曜日、続けられる。

大学生の頃、イタリア語を大使館へ習いに行っていたときも、続いたし。

やはり、定期的な外との繋がりがないとね。

そしてもうひとつ。いつもよくあるパターン、

始めるときに、一揃い買って揃えてしまう。

すぐに飽きる。

部屋のなかはきれいなフルセットが陳列されている

これを止めようと。

始めに、あえて揃えない。あえて調べすぎない。

一冊、多くて二冊だけ。

そうすると、意外に続いたりするんです

んあ。

そーいうものなんですよ。

だから、一冊だけにしたんです。


うん、気づいたらこれが1000記事目でした。

大学時代の駄文は結構削除してるから、残っているのは1000もないけど。

改めて、自分に、おつかれさん!

そして、訪問してくださる皆さんに、ありがとう!

これからも、よろしくお願いします!
Comment:0  Trackback:0
2015
09.23

Out of Stressful Mind

Category: 未分類
自分のアクセスがカウントされないように、IPアドレス指定してカウンター除外しているんですが、
スマホで見てると、どうもものすごい頻度でIPが変わっているようで、
設定してもすぐに意味なくなっている、そんな状態です。

だから、ここ数ヵ月のカウントは大分水増しされているwんですが、
どうしたらうまく除外できるかわからない。
IP変わるごとに設定し直すのもしち面倒だし。
うーん、困った。

うーん

この間は目の下がぐあーっと腫れ上がり
(一晩寝たら治りました)

今日は右目の下がぴくぴくけいれん
(これはすぐ治った)

どちらも夕食後、お風呂の前後でなったんだけど、

なに?ストレス?眼精疲労?

あー、うー、

あー

ぽけぽけしたい。

憧れとかじゃなく、もはや願望。

いや、したいじゃなくて、しよう。

ぽけぽけ、する。

I am PPP.

Comment:0  Trackback:0
2015
09.23

Found a way

Category: 未分類
前回の続き!

会社にいるときは、しっかりしてなくていいんだって、

そう思ったのです。

え?逆じゃない?って思う人もいるかもですが、

会社には、しっかりした人は十分いるのです。

部長。今のマネージャー。グループの先輩。年上同期。

これだけいたら、別に自分がしっかりする必要もないのです。

いままでは、「しっかりしないとやっていけない」かったから、

しっかりしてるそぶりをみせてたけど。

もっと、感性で、感覚でものを考え、発言し、行動していいんじゃないか。

そう思うのです。

たとえて言うなら、亀井絵里ちゃん、かな。憧れは。

いきなり…?と思うかも。

あれだけぽけぽけしてて、でもすごくしっかりメンバーのことを気にかけていて、

ステージでのあのカッコよさ。

あんなふうに、なりたい。

まちがった。

「幸せになりたい幸せになりたいってずっと思ってると

幸せになりたいってだけで終わっちゃうんです

幸せだなぁって思ってるとずっと幸せのまま過ぎていくんです」

なんだから、(いい言葉だなあ、亀ちゃん)

ね。

自分はあふぉだなあ。

いや、これはマズイなw

PPPだなあ。

もっとマズイなww
Comment:0  Trackback:0
2015
09.23

Lost the way

Category: 未分類
えー。

じつはワタクシ、



人生に迷っています!



冗談です、といいたいところですが、本当です。

ぼんやり、ふんわり、いまのままじゃなあ…とか

思っているんだけど、

こうしたいいぃっていうのもなく、

上司から進められたイベントだって、

これ断ったら今度何かあっても紹介してもらえないだろうな…っていう

不純なw動機だし。

内心もう参加も面倒だし。

なんだかんだ理由をつけて行くの止めようかなって思っちゃってるし。

いや、今会社で使っている技術だって、そりゃ深めれば有用な人材にはなれるのよ、きっと。

でも、なんていうか、

根が技術屋じゃなくて、むしろ思索をこねまわす側、だからさ、

ね、わかるじゃん。

本とか買ったってさ、技術書は最後まで読みきれないの。

途中で挫折しちゃう。

しっくり来る本って、社会的というか、考えていくようなものというか、

とにかく1+1=2ではないものを語っているわけですよ。

うーん、困った。

でも、会社にいるとわかるんだけど、しっかりしてなくていいんだって。

これはすごい助かる。

長くなったので別記事へ!

Comment:0  Trackback:0
2015
09.23

The result of

Category: 未分類
安保法案の 強行採決が

安倍政権の 専横が

日本の若者のうちに

自分が大人にならねばならない という

強烈な使命を 呼び起こした

ここ数十年で 減ってきていた日本の「大人」は

危機に際して立ち上がる 我々のうちから

名もなき声に応答する 志士として

再びその気概を 育む

先の理解者に支えられ

そして 志士たちは 次の世代へ


Comment:0  Trackback:0
2015
09.22

Move from Should to Can

Category: 未分類
自分にできることはなんだろう

うんうん唸って考えても、いっこうに出てきやしない。

できることって、自分一人から出てくるもんじゃないんだな、きっと。

なにか助けを求める声があって、

それに応じて自分は何ができるか、とか

なにか困っている人がいたり困った状況があったりして

それに応じて自分は何ができるか、とか

自分は遅れて登場するんだな。

そうなんだな。

自分は遅れて登場するんだな。

なにかが既にあって、それに応答するという形で、

それに応答する自分、というものが生成されるんだな。

だから、誰かの声に応答しない限りは、自分というのは未だ存在しないんだな。

だから、誰かを求める声を、聞き漏らさないようにしないとな。


さあ。自分にできることはなんだろう。


Comment:0  Trackback:0
2015
09.22

Decision decides the future

Category: 未分類
おい、大丈夫か。
うう。
しっかりしろ。
ずきずきする。うん、あ、あんた。
生きてるか。よかった。
もう行ったの
ああ、安心しろ。

そろそろ本気で考えろよ、ここにいたら無駄死にする。

それよりは、中国へ逃げて、レジスタンスを続ければいいじゃないか。

聞いてんのか?


ううん、行かない
どうして。
何時か分かってくれる。役人どもだって。

あたしが筆を執り続けるのは、中国の実情をみんなに知らせるためだって。

国に反逆する意思なんてない、むしろ何かしたいの、あたしも。


知ってるでしょ、そんなこと。





そうか。とりあえず、病院へいこう。

誰が受け入れてくれるのよ、こんな大逆容疑者。

いいから。タクシー捕まえてくる。





あたしは知っている。裏切られた仲間を何人も。




おい、来たぞ。

しっかりしろよ。

薄れ行く意識のなか、あいつの声が聞こえる。


R1225、白。現状、B2。病院へ搬送する。





やっぱりあんたも



Comment:0  Trackback:0
2015
09.21

Review Myself

Category: 未分類
世の中のあらゆることを経験できる訳じゃないけれど

自分はせまっちい世界にしか飛び込んでこなかったのだなあと

しみじみ思う。

世の中には

バックパックしょって世界中を回ったり(男女問わず!)

国会前へ行って意見を表明している人がいたり(それもたくさん!)

仕事帰りにこれからお泊まりなのかいちゃいちゃしとるカップルがいたり

繁華街のコンビニ横のきったない路地にしゃがんで飯食っているおねーちゃんがいたり

するわけですよ。

いや、もちろん全てに関われとかそんな気ないけど

何て言ったらいいのかな。

リアルタイムで自分に関わりたい?

直接、ダイレクトに、面と向かって関わりたい。

人の話じゃなくて、画面の向こうじゃなくて、紙の上じゃなくて

自分の目で見て、自分の肌で感じ、触れたい。

子供の頃は無意識にやってたんだけど、

大人と言われる年齢になって、何が変わったんだろう。

面倒くさい?いや。

変に家族の目を気にしているのかもしれない。

じゃあさっさと一人暮らししろよって

そうだよね。

でも、「引っ越しはあせるな」って

おみくじにあったし。(おみくじは信じるw)

部屋の片付け、ものを減らしつつ、

「そのとき」に備えようと、

そう思っているのです。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.20

Certain thing for Certain time

Category: 未分類
こんな時だからこそ、中国語を学ぶ。

大本営発表は、信用性に欠ける。

繋がりを、保たねばならない。

なるべくダイレクトな。


Comment:0  Trackback:0
2015
09.20

STRONGLY OPPOSED

Category: 未分類
政府、与党の動きを振り返る。

首相は言った。
丁寧な説明をしていきたい。
(していきたい、ばかり言って、説明ないですが)
国民に理解が進んでおらず、誤解されている。
(理解した上で、反対しているんですけど)
戦争法案だとのレッテル貼りは止めてほしい。
(平和安全法制、とレッテルを貼り変えろ、と)

アメリカが攻撃されたときに、消火器をもって駆けつけるため
(散々批判されましたね、このたとえ)
外国にいる日本人を守るため
(日本が軍事活動することが、外国にいる日本人を危険にさらすんですけど)
中国、韓国の脅威が増しているため
(軍拡で張り合うんですか?終わりがないって知っているのに)

合憲の根拠は砂川事件で自衛権が明確に認められていることである
(たくさんの憲法学者から批判されたのに、反論せずこの一点張り)
この法案が通れば、国民の理解が進む
(それは理解ではなく、押し付けや強制だ)

中谷防衛相は言った。
実際の対応を通して理解してほしい
(言葉では説明しない、すぐ活動させるから、だって。なめてるね、国民を)

与党議員はいた?
世間に対してなにも言わず、ただ安倍の顔色をうかがい、
黙々と上の議員から言われたことを無批判に実行した。
(与党議員の、議員としての存在価値なし)

日経新聞のコラムにはこうあった。
参議院は良識の府である。野党は衆議院と同じように利用するのはやめていただきたい。
(与党は衆議院と同じように数の暴力で決めるのは止めていただきたい)

我々がいつ、あなた方に軍事のフリーハンドを委ねた?
我々がいつ、過半数をとった党は無条件でいかなる法律もつくっていいと許した?

思っているだけでは、進まない。
改めて明言する。

安保法制、反対。
議会は今すぐ撤回せよ。
政府は総辞職せよ。

Comment:0  Trackback:0
2015
09.19

Missing the Object

Category: 未分類
俺は誰に向かって語っているのだろう


もしかしたら、間違っていたかもしれない。

語る相手と、語る言葉の組み合わせを!

余人は発さないであろう

周囲は容易に解してくれないであろう

未だ言葉にもなっていないようなそれを

全ては分かってもらえずとも

せめて雰囲気だけでもニュアンスでも

言っていることは何となくわかるというくらいでも

分かってもらえるように

必要なのは


威勢のよさと内省の深さは、誇ってよい、かなw

Comment:0  Trackback:0
2015
09.19

連帯を強めよ。

Category: 未分類
偉大な魂は、逆境より出ずる。

本当はお気楽にぽけぽけしていられたら良かったんだけど

今、自分にできることがある。

国内では与党や声の大きいメディアは、我々を罵倒するだろう。

しかし、海外のメディアは立ち上がった我々を指示している。

どちらが民主的かをわかっている。

ここに、一個の偉大な魂が産声をあげ、

仲間とともに、歩みを進める。

安倍政権、自民党政権に引導をわたし、

民主的な政治を国民の手で作り直すのだ。

安保法制、反対。

議会は速やかに法律を廃止せよ。

裁判所は門前払いすることなく審理し、違憲判決を下せ。

実際に自衛隊が人を殺してからでは遅い。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.18

野党よ、頑張れ。

Category: 未分類
がんばれ。がんばれ、野党。

どんなやり方でもいい。

ちょっとバカっぽくてもいい。

違憲の法案を強行採決で通そうとする与党には、

どんなにみっともない方法でも抗うべきだ。

なぜなら違憲の法案を数の力で押し通そうとする与党は

牛歩戦術よりももっとみっともない、国会議員としてはあらざるべき手段を用いているのだから。

野党よ、今回だけはいい。

どんなにみっともなくとも、ここで歯をくいしばって抵抗して、

持ちこたえれば、きっと将来の政経の教科書に載る。

安倍政権の専横に断固として抵抗し、憲法と国民を守った、として。

名前は、[戦後70年軍拡危機]、かな。

10年後の政経の教科書に、そして30年後の歴史の教科書に、載るぞ。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.18

Best Strength Ever

Category: 未分類
軍拡派は、いつもそう。

こっちがなにもしなくても、向こうが攻めてきたらどうするんだ、って。

中国は散々日本を挑発している。こちらが軍事増強して圧力を加えないと、何をしでかすかわからない、と。


第一に、中国や韓国が日本を挑発、批判するのは、そうしないと国がまとまらないから。

外に敵をつくって、内を固めるのは(うまくいっていない)組織の常套手段。

そんなの、ほうっておけばいい。

俺らが放っておけば、勝手に瓦解するから。

反応しちゃうと、向こうは口実ができたと喜んで手を出してくるから。

第二に、アメリカを憎む国は山ほどあるのに、日本が世界的に尊敬されているのはなぜか。

日本は、過去70年間、外国で人を殺していないから。

こんな国、世界のどこにもない。

日本軍は、過去70年間、外国で誰も傷つけなかった。

日本人のNGOが比較的安全なのも、そのため。

日本人は、俺らに銃を向けてこない。

そういう信頼を勝ち取ってきたからこそ。

だのに。

銃を持って外国の戦地をうろつき、

危険が迫ったら発砲する、そのとき。

たとえ過失であっても、たとえ防衛行為であっても、

[外国で、日本軍が、人を殺した]

この事実は、憎しみとなり、その地に残る。

[俺の国で、俺の家族を、日本人がコロシタ]

70年、営営と作り上げてきた信頼が、

一瞬にして、崩れ去る。

これほど不利なトレードはない。

危険なところには行かない。

日本を、自分の国を守るには、[軍事的国際貢献]などくそくらえだ。

日本には、もっと別にやることがあるでしょう。

[普通の国]になんてなって、自分のアドバンテージを、個性を殺せってかい

これまで外国で人を殺さなかった

この事実を、大きな大きな個性を、伸ばさずしてどうする。

集団的自衛権は、認めるべきではない。

国際法がどう言っていようと、日本は集団的自衛権は認めない。

日本が直接攻撃されない限り、我々は剣を抜かない。

そうあるべきだ。それこそ日本がとるべき道だ。

我々は、先人の意思を継ぐ必要がある。

30年後、[あの頃はね、政府が専行したんだけど、市民が頑張ったんだよ]って。

自分の子どもに、言えるように。

戦後100周年を、健やかなる笑顔のうちに迎えられるように。

日本はね、100年前の戦争以来、外国で一度も人を傷つけていないんだよって

誇りをもって 伝えられるように。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.17

What I thought in a long long meeting

Category: 未分類
あのね、

思うのは。

スタートから道を綴っていくと、ゴールまで途方もなくなるの。

なんでかって、

スタートってここでしょ、この足元。

見えるところから線を引いていくから、見えないところには引けないの。

今の自分の知っているカードしか切れないから。

でも、でもね。

ゴールから綴っていくと、まっすぐ引けるの。

必要なことを、漏らさず踏みこめる。

だって、そうでしょ。

今の自分に何を足していったらゴールにつくか、ではなくて

ゴールした自分には何が必要だったか、これだよ。

だから、WBSとかあるんだし、そんなのなくても、

目標を達成するには、問題の細分化が必要なんだよ

リアルに、細部に渡って具体的に、ありありと想像できれば、

それはもう半ば達成したも同じ。

リアルなイメージは確実に人を実現に吸い寄せる。

だからさ、リアルに想像しようよ。


今日の会議で、言えなかったけどさ。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.17

Closed Structurelly

Category: 経済のハナシ
少額投資とか、NISAとか言うけれど

株式ということはすなわち、

上場している会社、少なくとも公開している会社にしか投資できないわけだ

それってもう、「大企業」だよね

株式の公開が現実的に難しい中小企業は、

構造的に投資を受ける機会を与えられない訳だ

それだったら、銀行に預け入れた方が

利子は低くても(かすみたいでも)

中小企業とか、もっと多様な相手への融資とかに

使ってくれるんじゃないの。


日経の、[未来投資プログラム]に参加していて、思ったこと。

こりゃ向いてないな。


Comment:0  Trackback:0
2015
09.16

同世代の同志。

Category: 未分類
いやいや、すっかり書いていませんでした。

奥田愛基さんが、国会議員たちを前にして行ったスピーチ。

書き起こしを読みました。

ジーンとしました。

自分と同世代、それも同学年かも、という人が、

条理を尽くして、丁寧に、語っている。

ジーン。

電車の中で、涙が出そうになりました。

さて、省みるに。

日米同盟に未来はない。

米国追従はこの先リスクが大きい。

戦争はあってはならない。

一時前のブログでは、そう書きちらしていたのに

ここ最近はずっと、個人的なことばかりでした

ちょっと忌避していた面もあるのです

政治や

NOを突きつける強い記事よりも、

自分の内面を拾いほぐした繊細な記事の方が

みんな読んでくれるのではないかと。

もうちょっと穏やかにいこう。

立派にスピーチをした彼のように、

自分の考えたことを、条理を尽くして、

丁寧に、繊細に、語っていきたい。

対話していきたい。


Comment:0  Trackback:0
2015
09.15

Hidden Project

Category: 未分類
仕事があると思って

予定をいれていなかったシルバーウィーク。

おもちゃを仕入れるなら、

いまかもよ。


土日しか稼働しないプロジェクトR-8。

先週は寝週末でさわりもせず。

完成イメージはできているから

知識がゼロで設計図を書けないのが難点。

とりあえず、必要な材料を注文して

連休に備えましょか。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.14

Once In a While

Category: 未分類
違和感のただ中にあり。

なにかが生まれるのは概してこういった感覚の後なんだけど、

それが一体なんであるかはまだ分からない。

あー、頭が重たい。

馬に乗りたい。

泳ぎたい。


Comment:0  Trackback:0
2015
09.12

My Collection For Us

Category: 未分類
金曜日の次の日

久々の休日

体を横たえて

ぼんやり

いつも電車で読む本に

引用されている文章の

その前後が気になって

一揃い注文したくなる土曜日

ほら

人の名前を冠してさ

なんだか文庫ってあるじゃん

そういうの つくりたい

私設図書館というか

所蔵してある本を好きなだけ

ゆったり読める場所

そんな空間

ゆるやかに

近所の人が集う空間


そのための投資だから

ちょっと家に本が増えるくらいいいでしょ?

そうこじつけるのですw


Comment:0  Trackback:0
2015
09.11

Rethink the Emotional Thought

Category: 未分類
少し前まで

自分は勉強でアドバンテージを持っていたから居場所があった

そう思っていた

[ありのまま]の自分なんて受け入れてもらえないと

でも

WORKをすることで承認されるのが人の世ならば

今までの俺は間違っていなかった

勉強という名のWORKをすることで居場所ができた

今に置き換えてみれば

仕事という名のWORKをすることで

同僚の責務が軽減され、そのために社会的に有用な人物だと認められる

望むべくは 余人をもってしては代えがたいWORKをし

もって余人をもっては代えがたい人物だと認められたい

どのポジションが欠けているかは 実はもうわかっている

自分の性分を押さえる必要がないことも


そうは思うんだけど

何せ好奇心旺盛で



色々手を出したくなんのよ。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.07

Often forget this truth.

Category: 未分類
必要なものは

必要なときに

訪れる。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。