--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.29

Category: 未分類
うーん。やっぱり、

より多くもらった人は、

より多くの務めを果たさなきゃいけないんですよ。

それがフェアってもんです。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
11.27

Web ignoeres unknown to users.

Category: 未分類
世の中に

私の知らないことは山とあるのに

知らないことは検索できない

インターネット最大の弱味

ああ

知らないことを

知りたいなあ

知ってることしか調べられないなんて

乱暴だな

知らないことは構造的に無視されるなんて


Comment:0  Trackback:0
2015
11.26

神秘性 makes alive

Category: 未分類
どれだけ物事が解明されても、

なぜ、それが生じたのかは解明されない。

物体には重力が働いていると分かっても、

重力は地球が超高速で自転するからだと言われても、

ではなぜ地球は回っているのかには、答えがない。

ニュートリノなるものが発見されたからと言って、

なぜニュートリノが生まれたのかには、答えがない。

人は精子と卵子の結合体から生じると言われても、

なぜ精子と卵子が生じたのかには、答えがない。

すべての生き物は進化によって原初の生物から派生したと言っても、

原初の生物がどうやって生じたのかには、答えがない。

タンパク質の混ざりあいによって最初の生命体ができたと言っても、

タンパク質が如何にして生じたのかには、答えがない。

あらゆる物質は、ビックバンによって生じたというが、

なぜビッグバンが生じたのかには、答えがない。

その創造の神秘性こそが、我々が生存する限り消えることのない原初の未知性こそが、

我々が生きる余地を、与えている。

あらゆる物事がわかりきった世界など、愉しいことがあろうか!

あらゆる物事がわかりうると確信さる世界など、愉しいことがあろうか!

正と偽による断罪の世界など、愉しいことがあろうか!
Comment:0  Trackback:0
2015
11.24

Category: 未分類
そんな会社のために尽くせみたいなこと、ありえない。
自分のために会社を利用するのだって、いいのではないか。

いいと思う。
むしろ、私だって自分のために利用している。
この分野に精通したいからという理由で、全くの畑違いのところからド素人で入った。
でも、果たしてそれが責められるべきことであろうか。
そりゃ、最初はお荷物さ。給料分の仕事はできない。
これはでも、専門学校でのやつだって変わらないってことは、最近知った。
その後の伸びは、その人の才覚と努力と運だ。

これは完全に業務の範囲を逸脱していると、誰が言えるか。
業務で使用した、初見の語を調べ、更にその関連語を調べることは範囲外なのか。
業務外の知識を調べて企画書の一部に使用するのは範囲外なのか。


Comment:0  Trackback:0
2015
11.23

Category: 未分類
腰が痛くて外出できないから

今日は将来のことを考える。

寝ながら


我が身体は床にあれど

我が精神は明き月にあり
Comment:0  Trackback:0
2015
11.19

Beautiful Country

Category: 未分類
「美しい国へ」

美しい国

美国

(中国語で)アメリカ

「美しい国へ」=「アメリカへ」!?


…こじつけには思えないのがこわい


Comment:0  Trackback:0
2015
11.16

Deeper Dream

Category: 未分類
もやもや、再来。

自分はこの先30年、こんな仕事をしていくのだろうか。

もったいない、気がする。

部長は言った。

世の中なんて、突き詰めれば金の動きと物の動きしかないんだから、

何を作るのだっておんなじなんだ。

であれば、どうしてそんなに同じものを何個も作るの?

あっちの会社にこれ、そっちの会社にあれ、

各社に合わせた仕様ですって?

馬鹿げてるね、そんなもの。

一生を賭すに値しない。


私は、世界を平和にしたい。

いきなり、夢見心地な発想だって?

そうかもしれない。

けど、けどね、

私が今の仕事を選んだのは、この夢のためなんだ。

この世界の知識が必要だと思ったから、実際に飛び込んだんだ。

忘れてたね、忘れっぽいね。

でも、思い出したね。

なぜ、こんなにも畑違いなところに飛び込んだのか。


利用せよ。

一技術者で終わらせるな。

少しずつ身につけているこの技術は、いったいどのように使えるのだろう。

Comment:0  Trackback:0
2015
11.15

介入と反発の連鎖。

Category: 未分類
まずは、パリの犠牲者に哀悼。
それ以外は、ことばを発せない。
誰が悪いとか、こうすべきだったとか、平気で言えるほど無知ではないつもりだ。

これは、ISによるパリ襲撃の一点だけで考えるべきではなく、
フランスによるシリア爆撃とその報復というだけでもなく、
数十年と続く、アメリカによる中東介入と、欧州諸国のそれへの関与と、それに対する中東諸国の反応の、これらの連鎖がISを産み出し、今回のテロを引き起こした。
そう考えるのが妥当ではないだろうか。

だから、必要なのはこの数十年の振り返りなのだ。
こっちで爆撃、あっちでテロという過酷な時期には厳しいことではあるが、
少しでも前に進みたいのならば、まず欧米は、中東諸国に教育のできる環境を取り戻し、知識人層を形成してもらうこと。それから欧米内でも中東諸国と欧米との歴史に通暁する知識人を育てること。

この両国の知識人たちによる話し合いと徹底的な内省、反省のもとに、テロや爆撃を越えた、未来がある。
そう思っている。

対立が激化している今だからこそ、相手国との歴史を見つめなめればならぬ。
潜在的危機を感ずるからこそ、知識人は冷静に相手国の知識人と交流すべきである。

政府が中国韓国の感情を煽るからこそ、我々日本の将来の知識人層は、彼らとの数千年の関係を徹底的に知らねばならない。
相手国の知識人のうちにも、日本との関係に詳しい知識人が必ずや存在する。

その先にこそ、アメリカの介入も必要とせず、かつ武力による威嚇や挑発をルール違反とする、長年の付き合いによる関係の持ち方、というものが生まれる気がする。

そして、それを作るのは、
他でもない、私自身なのだ。


Comment:0  Trackback:0
2015
11.14

Today afternoon

Category: 未分類
パソコン・スマホに頭痛がし

脱画面で臨書がしたいと

思い立ったその日

ネットで見つけたお手本を印刷し

あったはずの習字セットが見つからぬと

ブログに書き付ける今日この頃。


なんじゃらほい



Comment:0  Trackback:0
2015
11.14

会話は排他的、読書は開放的。

Category: 未分類
なぜ日本人は英語が話せないのか

だからダメなんだ、もっと会話をやるべきだ、とつながるが、それは短見。

日本人に英語が必要になったのは、外国の文化を取り入れるため。
福沢諭吉や中江兆民など、その時代のエリートがたくさんの外国語を日本に取り込んだ。
西洋の本を訳すのに、必要なのは読む力。
日本にこれだけたくさんの訳本があり、原典を読む必要がないのは、先哲の仕事の恩恵を受けているから。
会話は当事者しか立ち会えないが、読書は何人にも開かれている。

読みばかりやる日本の英語教育だって、きっとこの訳出による知識の共有の仕事の重要さを知ってのことだと思う。

漢文もしかり。

読み書きも会話もやってみて思ったのは、会話は最低限の単語さえ知っていればなんとかなる。でも、読みは知らない言葉がたくさん使われている。
難しいが、自分を拡張するし、いくつになっても始められる。会話はこうはいかない、、


以上、メモ書き。
Comment:0  Trackback:0
2015
11.09

Weekday Hunter

Category: 未分類
思えば
今日は悪いことはひとつもなかった
あえて言えば、今日はマネージャーに指示を受けにいったが、今忙しいから待っててと言われただけのこと。
たかがそれくらい、と思ってはいけない。
それくらいのことで気が落ちて、好きな先輩から(お土産)ありがとうと言われただけでにやにやしちゃうくらい単純なんだから。
一方では超論理的に考えるくせに、他方では客観?なにそれおいしいの?くらい一時の感情に押し流される。


日本なら、窃盗とか詐欺とか簡単なんだろうな。だからこんなに起こる。それでも諸外国に比べたらずーっと少ないけど。
きっと、3回くらいで止めればばれない。でも、1回でもやっちゃうと、感覚が麻痺して価値観が壊れる。まともに働くのがバカらしくなり、スリルと優越感の奴隷になる。
たかだか数万円程度のために、自分がこれまで数十年培ってきたものを差し出すのは、あまりにも不利な取引だ。だから、どんなに帰りたいと思っても、会社にいくのです。

ふう、月曜日の退治は完了した。

Comment:0  Trackback:0
2015
11.08

Category: 未分類
ああ

はやく土曜日こないかなあ

むにゃむにゃ
Comment:0  Trackback:0
2015
11.04

我的学校、我的老師。

Category: 未分類
会社と家の行き帰り

間にコンビニスーパー

それだけでは 息苦しい

現在学校に通っています

週一だけれども

仕事とは違う雰囲気で

違う心持ちで

思いきり笑えるのは心地よいです

そしてなにより

思いきり恥をかけるということ

これかなあ、でも間違っているかも

そんなことは会社では口に出せない

でも、学校では臆せず声をあげれる

そしたら先生が反応してくれる

間違っていたらできるまで教えてくれる

逸れていたら倍の時間をかけて話題を広げてくれる

面白いことは顔を見合わせて笑い

難しいことは何度も繰り返す

うん、たのしいなあ
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。